お金が足りない! 消費者金融で借りる?

総量規制について

貸金業法の改正において、
グレーゾーン金利の撤廃と並ぶ主な改正点として、
総量規制の導入が挙げられます。

総量規制とは、それまでは特に具体的な規制のなかった、
利用者の年収に応じて貸付額の上限を定めるというもので、
具体的には、個人の年収の3分の1を超える貸付を原則として制限する。
という内容になります。

例えば、年収が300万円の人であれば、100万円まで。
年収が600万円の人であれば、200万円までに制限されます。

この総量規制は、そもそもが多重債務者の救済を目的として導入されたといわれています。
しかし既に多重債務に陥ってしまった人の場合は、
その多くが、年収の3分の1を超えていたり、
それに近い借入額となってしまっているケースが多いと考えられます。
ということは、これ以上借り入れができなくなるという状況が考えられますね。

さらなる借り入れを増やさないという点では、効果があるともいえますが、
いわゆる自転車操業状態で、なんとか返済を続けていた人なんかの場合には、
これ以上借りられる業者がなくなってしまい、ヤミ金業者に借りなければならないなど、
もっと苦しい状況に陥ってしまう危険性も孕んでいます。

また、ヤミ金業者にとっても、こういっ顧客は願ってもないお客さんですから、
このような利用者が増えるということは、
ヤミ金業者にとって喜ばしい状況となってしまう可能性があるともいえます。

銀行系の消費者金融

この総量規制については、貸金業法における規制であるため、
銀行などの金融機関からの借り入れについては、対象外となります。
このことから、大手消費者金融などでは銀行と資本提携を行うなどして、
総量規制の対象外として貸付を行えるように体制を整えている業者もあります。

審査の面においても、独立系の消費者金融と比べて多少は厳しい場合もあるものの、
それほど大きく違いがあるというわけではありません。
総量規制の影響を受けずに、借り入れが行えるという意味では、
こういった銀行系の消費者金融を利用するというのも、
賢い選択であるともいえますね。

また、住宅ローン、自動車ローンなどは総量規制の除外項目。
おまとめローンなど、顧客に一方的に有利となる借り換えなどは例外項目と定義されており、
総量規制でいうところの貸付残高には含まれないということも、
覚えておきましょう。