お金が足りない! 消費者金融で借りる?

申し込みの主流は無人機 ⇒ PC ⇒ スマホへ

少し前までは消費者金融のCMといえば、無人機なら簡単に借りられますよ。
といった内容のものがほとんどでした。
しかし現在では、スマホで簡単に借りられます。というCMばかり。
これは当然ながら、主流となっている申し込み方法が
大きく様変わりしたことに他なりません。

インターネットを介してのさまざまなサービスが普及し、
消費者金融の申し込み方法がPCから可能となったのは記憶に新しいです。
しかしPCからの申し込みは、スマホの場合と比べて、
大きな変革にはならなかったようにも思えます。
というのも、スマホは個人用の携帯電話というその性質上、
利用者一人につき1台を所持し、利用者以外に見られてしまう可能性が極めて低いという
特性があるからではないかと思います。

例えば、大手業者のほとんどでスマホ専用のアプリが用意されていますが、
あのアプリでできることって実際には、PCのブラウザ上で出来ることと
大きな違いはありません。しかしスマホでの利用であれば隠匿性が高くなります。

消費者金融の借り入れは、できればやはり人に知られたくないもの。
PCの場合は、家族と共有している場合などもあり、履歴を見られてしまう心配もありますが、
スマホでの利用だと、まず見られることはありません。

便利だからこそ借りすぎには十分に注意

振込みでの融資であれば、初回の利用での申し込みから融資完了まで、
スマホの操作のみで完結してしまいますから、
利用者からすればこれほど便利なものはありません。

初めての場合こそ、審査を行う時間も考慮する必要がありますが、
2度目以降の利用だと、指定口座の金融機関が営業時間内であれば、
いつでも利用可能だったりします。

アコムの場合だと、スマホでの申し込みから1分程度で振込みが実施されるという迅速さ。
スマホさえ使えれば、どこからでもOKというのは驚くべき利便性です。

しかし、ここで注意しなければならないのが、ついつい借りすぎてしまうこと。
消費者金融の返済方法はリボ払いがほとんど。このリボ払いというのは、
月々の返済額が一定で利用者の返済負担が少ない分、
全体の借入額を把握しずらいという特徴があります。
ついつい借りすぎてしまうことで、あっという間に限度額まで達してしまった
という例も少なくありません。

きちんとした返済計画を持った借り入れならば問題ありませんが、
上記のような借り方は多重債務に陥ってしまう危険性大です。
本当に必要な時だけ借りる、追加での借り入れは完済してから。
という自主規制は借りすぎ防止のために有効です。