お金が足りない! 消費者金融で借りる?

グレーゾーン金利とは

トップページでも少し触れましたが、
貸金業法の改正の中でも、主な改正点となったグレーゾーン金利。
グレーゾーン金利とはいったいなんなのか?考えてみたいと思います。

貸金契約を行う際の利息について規制する法律として、
民事上の規制である利息制限法と、
刑事上の規制である出資法があります。

2010年までに段階的に施行された、貸金業法の改正以前は
利息制限法では最大20%
出資法では29.2%と定められていました。

それぞれが民事上、刑事上の規制ということから、
ごく簡単にいうならば、貸金業者は利息制限法を守らなくても罰則はなく、
出資法さえ守っていれば良いという状況であり、
消費者金融などのほとんどが、利息制限法を超えた出資法の上限内での
貸付を行っていました。

この利息制限法と出資法の利息の違い、20%~29.2%の金利が
いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものです。

上限金利の引き下げ

貸金業法の改正によって、この出資法の上限金利が、
利息制限法と同じ20%に引き下げられました。
これにより、グレーゾーン金利は実質撤廃されることとなります。

貸金業者にとって、このグレーゾーン金利はある意味より多くの利益を得るための
金利設定であったことに加え、このグレーゾーン金利の撤廃にともなって、
過払い金を支払わなければならないことになってしまい、非常に苦しい立場へと追い込まれます。

反対に利用者からしてみれば、手間のかかる過払い金返還請求を行う必要はあるものの、
これまでに払いすぎていた金利が戻ってくる可能性が出てきたことに加え、
これ以降の借り入れについて、上限20%で借り入れを行うことが可能になりました。
利用者にとっては歓迎すべき状況だといえますね。

過払いや借金整理を行う場合は弁護士に相談しましょう。期間がたちすぎると 本来返還できていたはずのお金が取り戻せなくなることもありますので早めに動いたほうがいいかと。