お金が足りない! 消費者金融で借りる?

申し込み時の注意点

消費者金融に申し込みを行う際の注意点としては、
まず、申告内容を偽らないということが挙げられます。

例えば、年収やこれまでの他社での借入額などは、
申込者本人が申し込み時に自己申告を行います。

これまでに借り入れがある場合など、
年収はちょっと多めに、他社借入額はちょっと少なめに申告したくなる気持ちはわかりますが、
この場合は、正直にきっちり正確に申告したほうが後々のためになります。

というのも、これまでに消費者金融やクレジットカードでのキャッシング利用などがある場合は、
信用情報機関に記録されている履歴と照合することで、
利用者の申告が正しいかどうか?返済能力があるかどうか?などの審査が行われます。

照合した際に、申告内容と履歴とが大幅に違っていたりした場合は、
申込者が虚偽の申告をしたとみなされ、審査に通るものも通らなくなってしまう可能性があります。

総量規制などという面から、審査に通るかどうか微妙であるという場合などでも、
正直に申告することで、希望の融資額より少ないながらも審査に通るというケースも多くあるようです。

申し込みブラックには要注意

審査に通るかどうか自信がないという場合に、
いくつかの業者に申し込みを行い、通ったところから借り入れたいと考える場合があります。
そして、複数の業者に別々に申し込みを行うのは、誰もが面倒だと思える作業です。

よくインターネット上の比較サイトなどでは、複数の業者に一括申し込みが可能なシステムなどがあり、
こういった申し込み方法は、一見非常に便利にも思えますが、
このような一括申し込みは利用しないほうが無難です。

というのは、消費者金融業者に対して申し込みを行った場合には、
信用情報機関に申し込みを行った履歴が残ります。
そして、一括申し込みの場合だと、複数の会社に一括して申し込みを行っているということ自体が
それぞれの業者に筒抜けになります。

業者から見た場合、よほどお金に困っている人である。
要注意人物であると判断されてしまい、審査に通らなくなってしまうケースがあります。
これがいわゆる申し込みブラックと呼ばれる状態で、
例えば、ひとつの業者だけ申し込みをしていれば、問題なく審査を通過できて
融資を受けられる場合でも、このような状態となってしまう場合があるのです。

そういった意味でも、業者選びは自分にあった業者を慎重に検討して、
ここぞと思う業者に絞って、申し込みを行うことが、
スムーズに融資を受けるための近道であるといえますね。