お金が足りない! 消費者金融で借りる?

消費者金融を考える

かつて消費者金融はサラ金などとも呼ばれ、
その高い金利や、一部の業者による厳しい取立てなどのイメージが先行して、
一般的には、できればお世話になりたくない部類の金融機関と考えられていました。
大手とその他の消費者金融 比較をみると現代では さほど差がないようにも見えるのが
やっかいではありますが。

しかし、90年代以降は貸金業では自動契約機の登場とあわせて、
テレビCMなどに知名度のあるタレントを起用したり、
かわいい動物を出演させるなどして、それまでの暗いイメージの払拭するよう力を注ぎ、
それ以前と比べれるならば、比較的気軽に利用できる金融機関として認知されるようになりました。

個人が無担保で、現金の借り入れを行うことができるという点は、
急な出費や、どうしてもお金が足りないときなどに、非常に便利に利用できるため、
なくてはならない金融機関のひとつである、といっても過言ではないと思います。

貸金業法の改正

現在の消費者金融について考える上で、知っておきたい基礎知識として
2006年から段階的に施行され2010年に完全施行となった、
貸金業法(※リンク先は金融庁)の改正があります。

おもな改正点としては、

  • グレーゾーン金利の撤廃
  • 総量規制の導入

などがあり、多重債務者の救済や、過剰貸付の抑制などを
主な目的として施行されました。
こういった大きな法改正を受けて、貸金業界自体も合併や提携など
大きな業界の再編が行われ今日に至っています。

当サイトについて

上記の法改正ひとつを例にとってみても、
貸金業に携わっている方や、すでに消費者金融を利用している方、
さらには、法改正などに詳しい方であれば、知っていて当然の事項ではあるかとは思います。

しかし、消費者金融に普段あまり関わりのない方や、
これまでに利用経験がなく、これから利用を考えている方などにとっては、
以外に知られていないものなのではないかと思います。

管理人自信もこういった消費者金融の知識について、
まだまだ知らないこと、わからないことは山積みですが、
そのような事柄を、私自身勉強しながらまとめてみようというのが当サイトの目的です。
これから借り入れを検討している方の、ご参考になれば幸いです。